サマーウォーズ

2009年
時間 115分
監督 細田守

ネットシステム「OZ」で人々がつながる世界。高校生の健二は夏希先輩のバイト話に誘われて上田市の彼女の実家を訪れる。陣内家では夏希の曾祖母の誕生祝いに親戚一同が集まる予定だったが、ハッキングAIラブマシンの暴走でOZが狂い何人かが上田に来られなくなり、健二のアカウントもラブマシンに乗っ取られた。健二と陣内家はラブマシンを倒してOZを取り戻すために立ち上がる──。

こういうお話大好き。私たちは色々なネットサービスに囲まれてますが、今作の世界では「OZ」1つに全てが集約されている設定。アカウントが1つで済むのは楽ですが、逆に言うと1つ奪われるだけで全てが奪われてしまうので、セキュリティはとても大事になりますよね。これはOZの中に現れたハッキングAIにシステムが乗っ取られて大変なことになり、システムを取り戻すために問題のAI、ラブマシンと対決するお話。

仮想現実みたいに意識が電子の世界に入るわけじゃないので、人間はパソコンや携帯等の端末からキーで操作する形になりますが、モニターの中の様子を3DCGで描いてくれてるのが本当にその世界に入ったような気分にさせてくれて面白い。この3DCGの描き方、私は好きです。セル画との使い分けも上手いし、下手に写実的にするよりずっといい。

上田の陣内家のお屋敷がまた素敵です。従兄弟の家がこんな感じだったなあ。歴史のある旧家で大きな続きの和室がいくつもあった。小さな頃は従兄弟の家を訪れる度に家の中を探検して走り回っていたものです。縁側から見える山の稜線まで似てる。そんな自分の郷愁ともぴったりする田舎の日本家屋に心の里帰りをさせてもらってるような気持ちになります。この原風景とも言える懐かしさのおかげで作品世界にもスルッと入っていけちゃう。

数学が得意な健二はそのせいでラブマシンにアカウントを取られてしまいますが、自分の能力を生かしてリベンジ。格闘ゲームが好きなキングカズマこと佳主馬くんがかわいい。親戚の中には球児もいて、ラブマシンとの戦いを高校野球の中継とシンクロさせる演出も面白い。夏希も活躍します。花札は分からないけど、そんなことはいいんだ、熱いバトルを楽しんで盛り上がって爽快な気持ちになれればよいのです。

<ネタバレ>

夏希の曾祖母、栄はすごい人物ですね…! 大物との人脈が豊富で、OZの混乱で現実世界にも混乱が及んだ時、電話だけで混乱の収拾に当たった。人を見る目があり陣内家の要。だがOZの混乱の余波が思わぬ形で栄を襲う。この世界では体調管理もOZ経由でやっていたらしく、体の変調が主治医も兼ねる三男に伝わらず死去。これで陣内一族のラブマシンへの弔い合戦が始まるわけです。健二も全て分かった上で栄に認めてもらった直後だったので、陣内家の皆と弔い合戦に参戦。サマーウォーズの始まり。

実はラブマシンは栄の養子、侘助(栄の夫の隠し子で戸籍上は栄の四男だが歳は若くて夏希にはおじさんと呼ばれている)が開発したAIだった。陣内家とは色々あったようだが、栄の死を知り弔い合戦に参戦。ラブマシンは米軍が実証実験のためにOZに投入したものだったが、想定を越えて暴れられたという次第。ゲーム好きAIという設定だったので、ラブマシンにゲームをさせている間に侘助が解体する作戦。

OZ内のバトルシーンはCGの見どころですね。キングカズマも花札の夏希もかっこいい。世界の気持ちが1つになる展開も熱い。SNSっぽいOZとかAIとか出てきますが、要は皆で盛り上がる絆の感覚を味わう作品なんだと思います。高校野球とシンクロさせているのもそういうことかと。外れ者だった侘助も陣内家と1つになれた。佳主馬も成長を見せた。夏希も侘助おじさんを卒業してバイト話が嘘から出たまことになったかな?

ところで「あらわし」も伏線だったんですねー、温泉はこれから陣内家に貢献するのだろうか。

関連する記事

パーフェクトブルー

映画 2019/12/05

スチームボーイ

映画 2018/10/23

モアナと伝説の海

映画 2020/04/16

アナと雪の女王2

映画 2019/11/27