スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

2019年
時間 129分
監督 ジョン・ワッツ

エンドゲーム後、NYではピーターたちも登校を再開していた。ピーターは学校の研修旅行でMJに思いを打ち明けようとしていたが、ニックに呼び出され、旅行をしながら新たな敵と戦う羽目になる。そこに現れたのが別の地球から来たと言うミステリオ。今暴れている敵エレメンタルズはミステリオの世界から来たと言う。ニックからトニー・スタークの高機能メガネを渡されたピーターはミステリオと共にエレメンタルズに立ち向かうのだが…。

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」見てきました。面白かったあ! 最初に流れるマーベルのロゴがアベンジャーズと同じで、アイアンマンの○○から入るところが、一気に心がエンドゲームを見た直後に引き戻され、早くも泣きそうになる。トニー!!(^^; そのまま気持ちはスパイダーマンの世界に引きずり込まれ、気がついたら私はピーターの通う高校の中に立っていた。

実に上手い導入でした。エンドゲームに感動した人なら否応もなく映画の中に入り込んでしまうでしょう。サノスの指パッチンから戻った人とは5年の年齢差が出来てますが、年齢差は気にせずにみんな一緒に高校生!で、ピーターは夏休みの科学史研修旅行に参加し、ネッドやMJらとヨーロッパに向かうのです。

別の地球から来たエレメンタルズの暴れっぷりも迫力あるし、ミステリオのスーパーマンみたいな活躍ぶりもすごいのですが、ピーターやネッドの青春恋道中など細かいところの小ネタも満載で面白い、面白い。MJに告白したくて旅行から抜けたくないピーターのために旅行先をエレメンタルズの現れる先へ強引に変えるニックも。なるほど、夏休みがニックに乗っ取られるってそういうことか(笑。

エレメンタルズの出現に合わせて舞台もヴェネツィア、ベルリン、ロンドンとヨーロッパ中を駆け巡りますが、捨て身でエレメンタルズに立ち向かうミステリオにピーターは本気度の差を感じてしまう。自分は本当にアイアンマンを継げるのか。ここからがスパイダーマンの本当の勝負どころ。

人物関係の整理
ピーター・パーカー:16歳の高校生。スパイダーマン。
ネッド・リーズ:ピーターの親友。
ミシェル(MJ):ピーターのクラスメイト。
ベティ:ピーターと同級。ネッドと仲良くなる。
フラッシュ:ピーターのクラスメイト。
ブラッド:ピーターと同級。
クエンティン・ベック:別の地球から来たヒーロー。ミステリオ。
ニック・フューリー:元シールド長官。エレメンタルズを倒すためにピーターを呼ぶ。
マリア・ヒル:元シールド副長官。
ハッピー・ホーガン:元トニーの運転手&親友。今はピーターのサポートをしている。
メイ・パーカー:ピーターのおば。
[その他]
ピーターの研修旅行メンバーや先生たち、ニックの部下など。

今作にはアベンジャーズシリーズお馴染みのエンドロールのおまけがあります。絶対に最後まで席を立たないように、絶対に!!

*以下、未見の方はご注意下さい!*

<ネタバレ>
身を捨ててエレメンタルズを倒したミステリオに、ピーターはトニーのメガネを渡してしまう。自分よりあなたの方がアイアンマンを継ぐのにふさわしい、と。しかし、ここからあっと驚くどんでん返しが! これは騙されます。エンドゲームで平行世界のことを知った者なら、あの結果で新たに別の時間軸の地球も生まれたかもしれないと思った者なら、尚更。エンドゲームの直後だからこそ効くトリックですね。

全部、嘘っぱちだったー! ミステリオことベックはかつてトニーの下で働いていた。自分の開発した拡張現実(AR)を馬鹿にされ(たと本人は思っている)、それを根に持ち、トニーのメガネを奪うためにヒーローを演じていただけだった。エレメンタルズの正体はベックの開発したAR。攻撃はARに隠れてドローンがやっていた。トニーに恨みを持つ人たちが集まってベックに協力して大規模な拡張現実を見せていたのです。てことで、ネタバレありのキャラ紹介を以下で仕切り直し。

クエンティン・ベック:元トニー下の技術者で、エレメンタルズとミステリオをARで見せていた。
(*映画を見た後で知ったけど、ミステリオは元々スパイダーマンの敵だったらしい。それを知っていた人は驚かなかったそうだが、知らなかったおかげで気持ちよく驚けたのはよかったです。)

ミステリオもエレメンタルズも全てフェイクだったことに気付いたピーターは、真の敵ベックに立ち向かうことに。しかし奪われたトニーのメガネが悪用され強力な"敵"と化してピーターの前に立ちはだかる。どんなに素晴らしいテクノロジーでも使う人間次第。だからピーターだったのではないか。恋とヒーローの壁を乗り越え、ヒーローとしての覚悟を決め、自分で新しいスパイダーマンスーツを作ってメガネを取り戻したピーターは今こそトニーを継ぐ者=アイアンマンを継ぐ者になる。

ところで。スパイダーマンの活躍もだけど、個人的お気に入りのネッドくんの恋バナもツボでした。何と言う潔い恋と別れ(笑。今回は「イスの男」になる暇がありませんでしたが、この次はまた「イスの男」をやってほしいです。

エンドロールサプライズ
1つ目はピーターがスパイダーマン姿でMJと空中デートした時に町で流される映像。ベックのとんでもない置き土産。続きがあるのかな。

2つ目はニックとマリアの場面で驚愕の真実が明らかに。ニックにしては妙にあっさりベックに騙されすぎじゃない?という気がしてたけど、こういうことだったのかー。でもタロスが出てきたってことはニックの居る場所はキャプテン・マーベルと関係あるのかな。単なるおまけ映像なのか続きがあるのか気になりますね。