シャザム!

2019年
時間 132分
監督 デビッド・F・サンドバーグ

幼い頃に母とはぐれてしまった少年ビリーは養護施設からの家出を繰り返していた。今度預けられた里親の所には5人の子どもがいたが、ビリーは打ち解けない。だが同室のフレディが不良に絡まれてつい助けに入った時、逃げ込んだ地下鉄が謎の空間に入り、そこで魔術師から後継者に指名され力を与えられてしまう。シャザム!と叫ぶと筋骨隆々の大人に変身し、スーパーマン並のパワーを出せるようになった!? だがその力を欲してビリーを狙う者がいた…。

「見た目は大人、中身は子ども」というキャッチフレーズにつられて見たのですが、面白かったです。ビリーは孤独な少年で家出を繰り返す問題児だったけど、その内側には弱きを助ける正義の心を持っていた。それを魔術師に見いだされ力を授けられるのですが、突然そんなことになっても、本人にも何が何だか訳が分からない。でもそのおかげでヒーローオタクのフレディと秘密を分かち合えて打ち解けていくわけです。しかしそこは子ども、パワーを試して、しょうもない遊びやイタズラを楽しんじゃう。まあそもそも、何でこんな力があるのか、何のための力なのかも分かってない状態だから、そりゃあ遊ぶよなあ(笑。

でも今作は子どもが大人になってうかれてるだけじゃない。敵役のシヴァナにも十分なバックグラウンドを与えてくれているので、シヴァナがビリーを狙う理由もよく分かるし、自分がシヴァナの立場だったらどうしただろう?みたいなことも考えさせてくれる。ビリーの義兄弟になる5人の子どもたちも皆それぞれに何かを抱えている。ビリー自身も母親への気持ちを抱えており、それが家出を繰り返させてきた。表面では笑わせながら、内側には重たいものも隠れていると思いました。全員が大事な役どころなので、キャラ覚え書きを。

主な登場人物
ビリー・バットソン:シャザムに変身する。
フレディ・フリーマン:ビリーと同室の里子仲間。ヒーローオタクでヒーローに詳しい。
ダーラ・ダドリー:里子仲間の最年少。
ユージー・チョイ:里子仲間でゲームオタク。ビリーの母の居所を突き止める。
ペドロ・ペーニャ:里子仲間。無口だが筋トレが趣味。
メアリー・ブルームフィールド:里子仲間の最年長。皆のお姉さん格。
ローザ&ビクター:ビリーたちを預かる夫婦。
シヴァナ:少年の時シャザムに選ばれるチャンスを得るが七つの大罪の誘惑に負けて力をもらえなかった。
魔術師シャザム:七つの大罪を封じてきたが力が衰えたため後継者を探していた。
七つの大罪:魔術師に封じられていた邪悪のパワー。人間の罪が具象化したもので、色欲・怠惰・傲慢・憤怒・暴食・強欲・嫉妬の7つから成る。

<ネタバレ>
ビリーとシヴァナの対比が大きなポイントになっています。ビリーとシヴァナはある意味似た者どうしと言える。母に捨てられた少年。父と兄から見下され認めてもらえなかった少年。孤独と寂しさをかかえた2人の少年は、しかし、異なる道へ進んだ。ヒーローになった者と暗黒に堕ちた者──。

シヴァナは少年の時魔術師に召喚され、シャザムになるチャンスを与えられた。しかし悪の誘惑に勝てなくて失格となる。「失格」を受け容れられなかった彼は大人になっても魔術師の世界を探し続け、ついに魔術師の世界の扉を開く鍵を探し当て、シャザムになれなかった代わりに七つの大罪の力を手に入れる。その力で父と兄に復讐したシヴァナはシャザムの後継者が現れたことに気付き、シャザムの力を奪おうとする。里子たちを人質にビリーにシャザムの力を渡すよう要求するが…。

ビリーはスーパーマンみたいになったとは言っても、まだ力を得たばかりで新米ドライバー状態。シヴァナを倒すには、もう1つステップアップ、いわゆる「覚醒」が必要な状態です。だがここでビリーが示した「覚醒」が予想外の展開で斬新でした。魔術師が残した僅かな言葉からヒントを得て、義兄弟全員に魔術師の杖(シヴァナが魔術師から奪ったもの)を握らせ、シャザム!と唱えさせて、義兄弟5人もシャザムにしちゃったんです! 1人がパワーアップするのではなくて、6人になることで6倍というところに「そう来たか!」となりました。同時にそれは偽物の家族なんか要らないと思っていたビリーが里子仲間たちを本物の兄弟として受け容れた瞬間でもありました。ビリーの心の帰結とヒーローの覚醒を融合させた心憎い演出。素直に感動しましたー。

ここでもビリーは「与える者」、シヴァナは「奪う者」という対比は効いていたと思います。これがシャザムになれる者となれない者の違いなのね。力は独り占めしないで信頼できる者たちと分かち合う。いいなあ。なお、シャザムになると義兄弟たちも大人になって皆自分の変わり様に大びっくり! 見てる方もあの子がこの人に~と楽しめました。

ところで。ラストのビリーとフレディの仲直りのシーンにあの人が(体だけだけど)登場するまでこれがDCコミックなの忘れて見てたわ…。これでスーパーマン級が増えてDCもパワーバランス取れてきたかしら?

関連する記事

アクアマン

映画 2019/09/14

アバウト

チュータ
Author:TAEKO
洋画・SFを中心に映画や本の感想をきままに書いてます。ネタバレあり。...more≫

コンタクト

メール メールはこちらへ

購読する

ホームに戻る