ハン・ソロ / スター・ウォーズ・ストーリー

2018年
時間 135分
監督 ロン・ハワード

銀河帝国が誕生して10年。若きハン・ソロは惑星コレリアから逃走をはかるが、共に脱出しようとしたキーラは捕まってしまう。3年後、戦場荒らしのベケットの仲間となっていたハン・ソロは思いがけずキーラと再会するが、彼女は…?

若きハン・ソロを主人公にしたスピン・オフ。ハン・ソロの名前の由来や、チューバッカとの出会い、ランドとの出会い、どうやってミレニアム・ファルコンを手に入れたか、エピ4でハン・ソロが言った「ケッセルランを12パーセク」が何だったのか、それらが全て盛り込まれています。4で台詞に出て来たのみだった惑星ケッセルについても詳しく分かります。

「最後のジェダイ」がアレだったので、スピンオフという思いもあって(私は本編だけあればいい派)、見に行くかどうか迷った作品ですが、昨今はBDが出るまでにネタバレを避けて過ごすのが難しいので、結局映画館へ足を運ぶことになりました。結果は見てよかったかな。少なくとも「最後のジェダイ」のような「外れ」ではありませんでした。主人公が正しく主人公として機能してるし、物語としてもちゃんと成立してるし(いや、これが普通よねっ)、SF冒険物語として普通に楽しめたし、異星人もそこそこ多かったし、スターウォーズ世界の雰囲気も出してくれていました。ハン・ソロがハリソン・フォードでないのは言ってもしかたがないことなので、そこは問題にはしません。

<ネタバレ>

ここでの新キャラはエピ4には出られないという理由なのか、せっかく仲間になった人たちがどんどん死んじゃいますが、キーラは最後まで生き残ります。しかしキーラとは結ばれようがないことは分かっているので(後にレイアと出会うんだものね)、実は敵側になってましたってことも、あの別れ方も納得なんですが、問題はキーラのボス…。

ダース・モールが出て来た!?

最初はダース・モールの息子かと思いました…。ダース・モールはエピ1(帝国が出来る10年以上前)で死んでるはず。この映画は帝国が出来てから10年後の設定だから、ダース・モールが出られるはずはない。そうよね!?

ところが帰宅してからネットを見るとダース・モール本人らしいんですね。どうやらTVアニメのクローン・ウォーズでは生きてた設定になってたらしいです。しかしそんな設定、アニメを見てないと分からないですよね。そこは映画1~6だけで理解できるよう作って欲しかった。映画でやる以上、「映画だけの人お断り」みたいにはして欲しくなかったです。そこがちょっと残念でした。