ファンタスティック・フォー/超能力ユニット

2005年
時間 110分
監督 ティム・ストーリー

宇宙で実験をしていた4人は事故の影響で超能力を得てしまう。リチャーズはゴム人間、スーは透明能力、スーの弟のジョニーは燃える能力、ベンは岩男に。4人は自分たちの能力を生かしたスーパーヒーローチーム「ファンタスティック・フォー」を結成するが…。

レンタルで鑑賞。マーベルのアメコミの1つです。

宇宙で実験をしている時に放射能を浴びて特殊能力が身に付いたという設定が今時なんだか懐かしい。スーパーマンもスパイダーマンもですが、アメコミのヒーローって息が長いですよね。最初の原作が出たのは1961年だそうで、そんな昔のものがそのまま何十年も存在し続けられるというのもいいなあと思ったりします。

物語は単純明快でいいテンポで進んでいきます。全体に「軽かった」ですが、これは多分そこがいいんじゃないかと。弟くんの燃える(本当に燃えてるし)明るいキャラがいいです。岩男、おいおいそれでいいのか?みたいに突っ込みたくなるところもありますが、この作品ならよろしいんじゃないですかね。
表題に「フォー」つまり、「4人組のユニット」とあるのに、宇宙へ実験に行ったのは5人。あれ? 変だな、計算が合わないよ?と思ったら、なるほど、「そういうこと」だったですか…。「ヒーロー」と呼ぶにはまだ少し未熟な感じの等身大の主人公たちに共感できます。

大作の合間に頭を休めるのにもちょうどいいかもと。

アバウト

チュータ
Author:TAEKO
洋画・SFを中心に映画や本の感想をきままに書いてます。ネタバレあり。...more≫

コンタクト

メール メールはこちらへ

購読する

ホームに戻る