男たちの大和 / YAMATO

2005年
時間 145分
監督 佐藤純彌

戦後60年たった2005年4月。一人の女性が、父の遺言のため大和沈没地点まで乗せていってくれる船を捜す。請け負ってくれた船長はかつて戦艦大和の乗組員だった。目的地へ向かう間に大和の思い出が語られていく…。

これも夫と息子が見たがっていたのでレンタル、彼らにお付き合いする形で見たもの。タイトルからなんとなく「男の世界に特化した映画なのかな。私(女性)が入っていけるような余地なんて無さそうだな」と思っていたのですが、意外にも物語の導入役は女の人でした。おかげで自然に話の中に入っていけてよかったんですが、このタイトルは何気に損をしてるような気も…。

内容は男も女も関係なく、戦艦大和に関わった当時の人々をそのまま真面目に描いたものです。もちろん映画なのだから史実そのまま完全てというわけではないと思いますが、かなりそれに近いものを感じました。限りなくノンフィクションに近いフィクションという感じで。

「かつてこんなことがあったんだよ」ということを、よけいな思想は入れないで、ただただ史実のみを追うことに徹しているのがいいです。しかし舞台装置は半端じゃなくて(大和凄い・・・)今のCG・特撮技術で迫ってくるから臨場感もなおさら。男の子2人の母としては今が戦争中でなくてよかったと思いました…。

私も戦争を知らない世代ですから、知らなかったことも多く、いろいろ勉強にもなりました。見てよかったです。

アバウト

チュータ
Author:TAEKO
洋画・SFを中心に映画や本の感想をきままに書いてます。ネタバレあり。...more≫

コンタクト

メール メールはこちらへ

購読する

ホームに戻る