ゴジラvsコング

2021年
時間 113分
監督 アダム・ウィンガード

キングギドラ来襲から5年後、モナーク監視下にあったコングは大きく生長し、髑髏島では収まりきれなくなっていた。一方、静かにしていたゴジラが突如フロリダに出現、エイペックス社を襲撃。エイペックスCEOのウォルターはゴジラを倒すために巨大怪獣の源とされる"地下空洞"からエネルギー採取計画を立てる。コングを案内役に使うが、コングの動きに古代からの宿敵ゴジラが反応。かくしてゴジラvsコングの世紀の対決が幕を開けた──。

これだけは映画館で見たいっ!と思っていたのに、コロナの影響で映画館へ行く機会を失し、レンタルを待っての観賞となりました。あああ~大画面で見たかったよ~。でもレンタル出来るようになるまで頑張ってネタバレを避けてきた甲斐はありましたっ。前作「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」の関係者もけっこう出てくるので、前作及び髑髏島も事前に観賞しておいた方がいいです。前作のエマ博士の娘がゴジラ側のメインキャスト、髑髏島でコングを監視している研究者の女性がコング側のメインキャストになってます。

ゴジラvsコングという2大怪獣の対決なので、話もゴジラ側、コング側の両方から進んでいきます。ゴジラ側はマディソンがまだ学生なので親の制止をふりきってゴジラが暴れた謎に挑む形になるため、ちょっと少年探偵団の大冒険っぽい趣きあり(^^;。ゴジラ派としては、「ゴジラが意味なく暴れるはずがない、きっと何か理由があるはずよ!」と思ってくれるマディソンの存在が嬉しい。コング側はエイペックス社がバックにつくので、企業の都合とコングのためにはどうすればいいか…みたいな感じに。コングと意思疎通できる女の子ジアが可愛くて、ゴジラ派でもジアのおかげでコング側にも感情移入できちゃう。ゴジラもコングもどっちも負けてほしくない!と思わせてくれるところはなかなかよく出来ていると思いました。

ゴジラvsコングのバトルシーンはさすがの迫力、海でも陸でもバトルしてくれてたっぷり堪能できます。コングがゴジラ並みの大きさに生長してるので、がっちり組んでの怪獣プロレスが出来る。それも簡単に決着がついたりはしないので、1回戦、2回戦…と楽しめます。そして最終ラウンドは!? こういう人気キャラどうしの対決は決着の付け方が難しい。結果は見てのお楽しみ…ですが、上手い具合にまとめてくれていました。

髑髏島で示唆されていた地球空洞説も本格的に登場します。地下深くの空洞へ行くための乗り物とかも往年のゴジラシリーズのブラッシュアップぽくてよい。前作にキングギドラが登場したなら次は…みたいな、ゴジラシリーズの流れにけっこう忠実?なところも嬉しい。モンスター・ヴァースシリーズは「ゴジラをこういう映像で見たかった」往年のファンの望みを叶えてくれるので、それだけでも楽しいのです。

<ネタバレ>

1つ、突っ込みたいところが。芹沢蓮って、まさか前作でゴジラに気合いを入れた芹沢猪四郎の息子とかじゃないよね…って思っていたら、本当に芹沢猪四郎の息子だった! えええ~アレじゃお父さんが泣いてるよ、ゴジラのために命を捧げたお父さんが浮かばれないよ~~。小物でもいいからせめて味方陣営にいてほしかったです。

で、その芹沢蓮とウォルターが"地下空洞"のエネルギーで動かしたのが、前作のキングギドラの頭部(前作エンドロールに出てきたアレですね)を使ってコントロールするメカ怪獣。

メカゴジラ、来たあああーー!!

エイペックスに疑問を持って調べていたバーニーが見つけたのがメカゴジラに関係する装置でした。ゴジラはそれに反応して現れたことが判明。ウォルター、自分でゴジラを呼び寄せてんじゃん…。バーニーを訪ねてきたマディソンと友人の3人が謎を追ってたどり着いたのが香港の秘密研究所。しかし"地下空洞"のエネルギーを得たメカゴジラは自らの意思で動き出す。それがまさにゴジラvsコングの最終ラウンドの時だった。

コングは巨大でも類人猿だけあって、人間と会話できたり、武器を使って戦うことも出来たりする。"地下空洞"のコングの故郷はかつては文明があったかのようにも感じられた。ゴジラの背鰭で斧を作ってる時点で"知"がありますもんね。最終ラウンドでゴジラに倒されたコングだけど、ゴジラvsメカゴジラ戦が始まってゴジラがピンチに。ジアたちの協力で復活したコングはメカゴジラとの戦いに赴く。コングの斧の背鰭にゴジラが放射熱線を送り、パワーアップした斧でコングがメカゴジラをメッタ斬りにしたのは燃えた。ゴジラとコングの見事な連係プレーでした。共通の敵登場で共闘に持ち込むのは定番パターンの1つですが、メカゴジラなら文句ないよ、メカゴジラ見られてよかったよー。

戦い終わってお互いを見合ったゴジラとコングはバトルを再開することなく、ゴジラも海へ去っていく。怪獣プロレスがメインで中身はないと言えばないけど、コングのキャラが立ってて、十分な見応えがありました(ゴジラとコング、時々会話してましたよね?)。怪獣が主役、これがきちんと出来ていれば怪獣ものはそれでいいんです。

関連する記事

ゴジラシリーズ

映画 2018/10/12

ゴジラ(1954年)

映画 2018/10/12

モスラ対ゴジラ

映画 2021/05/31

GODZILLA(2014年)

映画 2018/11/12