ジャックと天空の巨人

2013年
時間 114分
監督 ブライアン・シンガー

巨人と魔法の豆の木の伝説を聞いて育った農夫のジャックとイザベル王女。ジャックが修道士から託された豆から巨大な木が天空にまで繁り、巻き込まれたイザベルが天空の巨人の国ガンチュアへ運ばれてしまう。伝説は本当だった。イザベルを救うため精鋭部隊と共にジャックもガンチュアに登る。アドベンチャーおとぎ話。

スターチャンネル無料期間に鑑賞。「ジャックと豆の木」を元にした冒険おとぎ話。童話そのままではなくて、巨人に捕まった王女を救い出せ!という冒険ミッションにアレンジされています。アイデア元はジャックと豆の木だけど、いくつかの童話のパターンも組み込まれてる感じ。童話を最新のCGで楽しんでみよう!というところですかね。

イザベル姫は伝説で巨人を退けたエリック王の子孫。父王の命令で好きでもない男と結婚させられようとしており、城を抜け出してジャックと出会うというのは王道のパターンですね。問題の姫の婚約者とジャックが一緒に豆の木に登ることになるのも。精鋭隊のエルモント隊長はいいやつ。アクションはユルめですが、そこはおとぎ話なので大目に。

豆の木のCGは期待通り。ぐわあっとでかくなっていく様子は楽しめます。巨人が人間を喰うのは定番かと思いますが、昔エリック王にやっつけられた恨みでエリック王の血筋には特にご執心のようす。モブは雑に丸かじりされるのに、姫はちゃんとお料理しようとするんですね(笑。

<ネタバレ>

イザベルの婚約者のロデリックが期待通りのやなやつ。こいつがエリック王の墓から「豆」と「巨人を服従させる魔力を持つ王冠」を盗んだのが始まり。どうやら巨人を使って世界侵略を企んでいたようですが、エルモントに倒されラスボスにはなれず。だが「王冠」は巨人に渡ってしまった。地上の王は賢明な判断をして豆の木を切り倒しますが、ロデリックがジャックから取り上げた「豆」が巨人に見つかり、ガンチュアで芽を出した豆の木が巨人たちを地上に導くことに。そして城壁で迎え撃つ人間vs進撃の巨人に!

しかし巨人のボスはジャックの機転で倒され(豆!)、ボスから取り戻した「王冠」で巨人たちはジャックに服従しひれ伏すことになる。この時、ジャックとエルモントの立場が序盤と逆転していたのは上手い演出でした。ひれ伏し方も台詞もふり向き方も一致しててきれいに決まってた。ちょっとしたエピソードだけど、おとぎ話の中にもチクリと中世社会の身分差への風刺みたいなのが入ってて、こういうのがあるのとないのでは物語の締まり具合が違いますものね。

ジャックはイザベルと結婚して、めでたし、めでたし。特にひっくり返しもなく全体に想定通りの進み方でしたが、その分安定感はあります。「王冠」は形を変えて今もロンドン塔に保管されている…というラストもおとぎ話らしくロマンがあっていいですね。