ダ・ヴィンチ・コード

2006年
時間 149分
監督 ロン・ハワード

ルーブル美術館で館長ソニエールが殺害された。だが彼の体は奇妙な図形を示していた。ロバート・ラングドン教授はソニエールが残したダイイングメッセージから、ダ・ヴィンチの絵と聖杯を巡る謎探しに巻き込まれることになる。ロバートに容疑をかける警察、カトリック教会オプス・デイの殺し屋シラスから追われながら、謎の手がかりを追って物語の舞台はキリスト縁の地を駆け巡る──。

映画館へ行けなかったのでレンタルで鑑賞。先に原作を読んでいたので、どんなものかな?と思っていたのですが、意外に面白くて楽しめました。映画だと人物が動くし、しゃべるし、カーアクションも入るし、それに実際のルーブル美術館やテンプル寺院なども見ることが出来て、小説とは違った臨場感を味わえてよかったです。小説を読んだ人でも楽しめる作品ではないかと。

内容は小説にほとんど忠実。ほぼそのままに展開してくれるので、端折ってる部分があっても原作を知っていればついていけます。テンポも私的にはこれぐらいポンポンと進んでくれた方が小気味よくていい感じ。というか、別に言われているほど展開早くは感じなかったです。逆にさっさと進めぇ~と言いたくなるくらいのところも。むしろ小説の方がジェットコースター的雰囲気は強かったような。

ただ、人物関係や背後の設定(宗教や西洋史方面の知識)に関しては映画だけでは説明不足で分かりにくい面もあるかもと思いました。小説だと必要な箇所でその都度説明が出てきて補足してくれるのでいいのですが。

夜のシーンが多かったせいか、全体に画面が暗かったのですが、レンタルで見た当時はテレビが古いブラウン管だったため細部が潰れてよく分からず、子どもたちから「うちも早く液晶テレビにしてー」と言われた思い出が…(^^;。

関連する記事

ザ・ウォーク

映画 2019/05/31

ファースト・マン

映画 2019/09/08

アンノウン

映画 2019/01/16

アバウト

チュータ
Author:TAEKO
洋画・SFを中心に映画や本の感想をきままに書いてます。ネタバレあり。...more≫

メール メールはこちらへ

購読する

ホームに戻る